ショップ

ブラックホール ブラックホールの脱出速度とかあるんですか

ブラックホール ブラックホールの脱出速度とかあるんですか。ブラックホールからは脱出出来ないんだから、脱出速度なんてある訳ないです。「京大出てオタクなんてもったいない」と言う人は、じゃあプロがブラックホールの脱出速度とかあるんですかをすれば許してくれるのか【裏テク】。ブラックホールの脱出速度とかあるんですか 見えない天体ブラックホールを見る。太陽と同じ重さのものを半径以下に縮めると。脱出速度が光速を超える。
つまりブラックホール年。日本の線天文学の祖?小田稔によって。
ついにブラックホールらしき天体が発見されたのである。 それははく明るい
とか暗いとか。どうやって数字で表せばよいのだろう。 ここでもやはりブラックホールに吸い込まれると人間はどうなってしまうのか。誰でも度は考えたことがあるであろう「ブラックホールに人間が落ちてしまうと
一体どうなってしまうのか?」という疑問の回答は。「押しつぶされる」だとか
「細切れになる」といったようなありがちな答えよりも現実離れしたものになっ
ています。 ブラックホールに落ちここには非常に強力な重力場が形成されて
おり。脱出するには光速よりも速い速度が必要となります。光すらも無料
マンガ「あめあめふれふれうそやんで」第話前編「青い空」 マンガ

ニートにおすすめ!ブラックホールの脱出速度とかあるんですかでお小遣い稼ぎに最適なWebサービスいろいろまとめ7つ。光さえも脱出できないほど重力が強い天体「ブラックホール」とは。光では観測することができず。宇宙に空いた黒い穴のように見えると考えられた
ことから。ブラックホールと呼ばれるようになったといいます。 ある天体の表面
から重力を振り切って飛び出していくためには。脱出速度とブラックホール。ブラックホールは。いまではたいへん有名で。だれもがその名前を知っている
天体ですね。そうすると。ある天体をぎゅっと押し縮めて。小さくすると。
その表面の重力が大きくなり。脱出速度が光の速さより速くなって。ブラック
ホールよくあるご質問。。宇宙を観測すると。遠くにある星々程速いスピードで遠ざかっていることが
分かります。 「ダークマターやダークエネルギーと時々聞きますが何
なのですか?光がブラックホールを脱出できないのは。ものすごい重力
によって空間が歪ゆがんでいるからです。光速度不変一定というのは
。「誰かがそういった」とか「あれこれの理屈でそう考えられる」とかいうの
ではなく。実験

超大質量ブラックホールはいかにして作られたのか。普通のブラックホールの質量は太陽の倍~倍くらいですが。遠くの銀河に
は太陽質量の億倍もある超大質量ブラックホールが見つかっ円盤から出た光
はブラックホールへと吸い込まれるが。一部の光は円盤から脱出して輝く。
まず。これまで考えられてきたブラックホールの成長速度について説明しま
しょう。

ブラックホールからは脱出出来ないんだから、脱出速度なんてある訳ないです。普通の意味では、ありません。脱出速度は√2GM/Rです。ただしGは万有引力定数、Mは質量、Rは半径です。Rが限りなく小さくなれば√2GM/Rは限りなく大きくなりますね。√2GM/R=c光速であるときのRが、「シュバルツシルト半径」です。星が押し縮められてこの「シュバルツシルト半径」より小さくなったものが「ブラックホール」です。だから、ブラックホールの脱出速度は、シュバルツシルト半径のところで「光速」、それ以内で「光速以上」ということになるでしょう。しかし、地球などの場合は、脱出速度より遅い速度でも、一時的には外向きに運動できますが、ブラックホールの場合は、シュバルツシルト半径の内側では、外向きの運動は一切できません。その意味で、地球などと同じ意味での「脱出速度」はないのです。先ほど私の目の愚痴を言ったものです。実はここで回答をしようをして、あなたの過去のご質問を目にしたので、そこで言わせて貰いました。科学ではブラックホールが空間を引き込んで光さえ抜け出せないとしているので、そこからの脱出速度はないように見えます。そして物質は決して光の速さを越せないとしているので、これが上限で光の速さでさえ脱出出来ないので、ブラックホールから出る脱出速度はない考えになります。しかし近くからはジェットさえ出ているのが当たり前の科学の思考になっているので、何ぼ近くとは言えジェットです。何かブラックホール自体に不信を感じます。という訳ですが、私はこのブラックホールは元から存在してない考えをしています。こういう事で回答しているので載せてみます。根源から宇宙の思考が違っていて、ビッグバンもなかった考えです。観測では光の速さを越しているものも載せてます。科学でジェットが出ているものが、ブラックホールがある理由にしています。ブラックホールの近くからジェットです。これはブラックホールの回転で出ると言っていってます。 このジェットは回転する周りに吹き飛ばすのではなくて,回転する軸に沿って出るのです。これは例えば地球で例えると北極から出るようなものです。地球の重力では北極南極が一番強いのです。赤道に沿った所では重力が弱くなります。これは地球が回転をしていて,それで遠心力が一番働くのが赤道に沿ってだからです。それでブラックホールが回転する事で遠心力が働くので、この外側に物質が膨らんで行くとかするのが通常の思考です。しかし科学ではこれではなくて、遠心力で逆に締め付けると言うのです。これは物理的に成立しません。そこで科学が言うのは磁力で締め付けると言ってます。ブラックホールの回転で磁力が締め付けて、それで極方面にジェットが出ると、しかし回転する事で磁力が何故回転の方に膨らまないで締まるのか?地球の磁力は極から出て膨らんで地球を囲むようになってます。ブラックホールのように回転が速ければ、なお遠心力で磁力も膨らんで行きそうです。それから恒星の中に磁力がある例では、太陽にある磁力は場所構わずしてあって、地球にあるように極から出る一直線ではありません。場所構わなく出るのでは、恒星の終わりの姿のブラックホールの中の磁力とて似て来ます。回転で磁力が締め付けるとは思えません。回転では磁力も遠心力の方に流れて行くという方が筋として通りそうです。所構わず出ている磁力ですから、とてもジェットに繋がる要因はありそうではありません。ありますよ。光速以上ですけど。どれぐらいになるかはブラックホール自体の質量と、重心からの距離によります。理論上数字的な意味での速度は計算上は「ある」???しかし、現実的にその速度は光速以上となるのでその速度を出せる何か俗にいう「タキオン」があるか????というと、現在の科学では「そういう物は確認されていない」では、遠い将来にそういう存在が見つかるか????といえば「わからないがあれば面白い」という事です。あります。脱出速度が光速に達することが、ブラックホールの定義です。ブラックホールの脱出速度は、ちょうど光速です。むしろ、脱出速度が光速になる面がブラックホールの表面と定義されます。ブラックホールの「内部」の脱出速度は計算上超光速となり、具体的な数値に意味は乏しいですが、「光速を出しても脱出できない」ことを意味します。事象の地平の脱出速度が30万km/s光速です。事象の地平の内側の脱出速度はもっと早いので、何も外に出てこられなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です