ショップ

lanoucalcium 牛乳とその骨折予防効果を調べた

lanoucalcium 牛乳とその骨折予防効果を調べた。あなたの質問が長過ぎて面倒くさいから読んでいませんが、牛乳有害説は聞いたことがありません。牛乳とその骨折予防効果を調べた研究はあまりないのですが広島市の研究機関が1997年に発表した4500人を対象とした疫学調査注1では牛乳の摂取頻度が高いと申告した人は大腿骨頸部<だいたいこつけいぶ>足の付け根部分の骨折のリスクが低い傾向にあることが報告されていますを定価の5割引きで買うための6つの法則。。牛乳有害説は本当か
「牛乳を飲むと骨がもろくなる」「日本人は牛乳を飲んでも栄養素を吸収できない」「牛乳は本当は体に悪い」といった牛乳有害説を目にしたり聞いたりしたことはありますか 根拠が不確かなこうした情報は、健康本やSNSなどで繰り返し紹介され、広がります
こうした怪しい健康情報のすべてを信じていなくても、「なんとなくその食品を避けてしまう」という人も多いのではないかと思います 牛乳に限らず、特定の食品を悪者扱いし、不足しがちな栄養確保の一助になるような食品を食べる機会を失わせてしまうような情報は、個人にとどまらず社会にとっても有害だと思います
今回は牛乳や乳製品にまつわるうわさ話について、有害論だけではなく「健康に良い」という情報も含めて科学的に検証します
牛乳を飲むと骨がもろくなる
ベストセラーになった医師の健康本で広く知られるようになったうわさです 最近も有名人のコラムなど、いろいろな媒体で紹介されているのを見かけます 結論から言うと、「牛乳をよく飲む人ほど骨折しやすくなる」ことを示した信頼性の高いデータはありません
一方、「牛乳をたくさん飲んだら骨折を防げる」という説はどうでしょうか 「牛乳とその骨折予防効果」を調べた研究はあまりないのですが、広島市の研究機関が1997年に発表した4500人を対象とした疫学調査(注1)では、「牛乳の摂取頻度が高い」と申告した人は、大腿骨頸部(<だいたいこつけいぶ>足の付け根部分)の骨折のリスクが低い傾向にあることが報告されています
また、牛乳そのものではありませんが、乳製品に豊富に含まれるカルシウムの摂取量と骨折の関係を調べた報告は、いくつも存在します 日本人を対象とした調査では、カルシウム摂取量が少ない女性は、腰椎(<ようつい>腰の骨)を骨折しやすい傾向が見られました さまざまな報告を総合的に評価したメタ分析(注2)でも、女性についてはカルシウム摂取量が骨密度に影響を与え、骨折のリスクに関係することが報告されています
これらの研究からは、「女性はカルシウム摂取量が不足すると十分な骨密度を保つことが難しく、骨折しやすくなる」とは言えるでしょう 一方で、「牛乳を予防的にたくさん飲むほど骨が丈夫になる」とまでは言えません
乳糖不耐症の人が多い日本人は牛乳の栄養素を吸収できない
「栄養成分だけ見れば牛乳は優秀な食品だが、日本人の多くは牛乳の乳糖を分解できる酵素を持たないため、牛乳を飲んでも栄養素を吸収できない」という主張があります 牛乳を飲んだ後におなかがゆるくなる人は多いことから、なんとなく信じてしまう人もいるでしょう
「日本人は乳糖不耐症の人が多い」と言われていますが、牛乳に含まれる程度の乳糖(約4~5%)の量では、一度に大量に飲まないかぎり、下痢をする人はまれであることが分かっています 乳糖を分解する酵素の活性が弱い人でも、定期的に飲んでいると、乳糖を栄養にする腸内細菌が増えて体内で利用されやすくなることも知られています
牛乳でなくても、冷たい飲み物を飲んだ後にはおなかがゴロゴロすることはよくありますが、これを乳糖不耐症と結びつけて考えてしまっているケースもあるかもしれません
実際に乳糖不耐症であっても、牛乳の栄養を吸収できないということはありません 乳糖はショ糖(砂糖の主成分)と同じ二糖類で、「ラクターゼ」という酵素によって分解され、体内でエネルギー源として利用されます
この酵素が十分に分泌されない人は、乳糖が分解されないまま腸管に流れることで浸透圧が高くなり、下痢などの症状が起こるとされています ある意味、水溶性食物繊維をたくさんとるとおなかが緩くなるのと同じような仕組みとも言えるかもしれません
一方、牛乳に含まれるカルシウムなどの主要なミネラルの多くは小腸の上部で吸収されます おなかがゴロゴロしたり下痢を起こしたりしたとしても、牛乳のカルシウム吸収に大きな影響はないことが分かっています
おなかの調子が気になる人でも、一回に飲む量を少なくする▽温めて飲む▽ヨーグルトやチーズなどの加工品を利用する――ことでおなかのゴロゴロを軽減することもできます 自分に合った方法で乳製品をとってほしいと思います
「身長を伸ばすためには牛乳がよい」
「背を伸ばすためにカルシウムが豊富な牛乳や乳製品をしっかり取りなさい」と両親や先生から言われたことのある人は多いと思います しかし、カルシウム自体には身長を伸ばす効果はないと考えられています 衛生研究所。概要 衛生研究所は。市民の健康と生活環境を守るため。公衆衛生にかかわる試験
検査。調査研究を行う総合的試験研究機関です。 環境問題をはじめ。飲食物の
安全性。種々の感染症など市民生活に密着した公衆衛生上の諸問題に積極的に
対処

牛乳とその骨折予防効果を調べた研究はあまりないのですが広島市の研究機関が1997年に発表した4500人を対象とした疫学調査注1では牛乳の摂取頻度が高いと申告した人は大腿骨頸部<だいたいこつけいぶ>足の付け根部分の骨折のリスクが低い傾向にあることが報告されていますの超具体的使用例。牛乳とその骨折予防効果を調べた研究はあまりないのですが広島市の研究機関が1997年に発表した4500人を対象とした疫学調査注1では牛乳の摂取頻度が高いと申告した人は大腿骨頸部<だいたいこつけいぶ>足の付け根部分の骨折のリスクが低い傾向にあることが報告されています総数「8344」お姉さんのABCDEF。牛乳は体に悪い。「牛乳とその骨折予防効果」を調べた研究はあまりないのですが。広島市の研究
機関が年に発表した人を対象とした疫学調査注では。「牛乳の
摂取頻度が高い」と申告した人は。大腿骨頸部<だいたいこつけスウェーデンの「牛乳の摂取と死亡率?骨折リスク。スウェーデン人を対象とした研究男女に食事調査をして平均最大年フォロー
したスウェーデンの二つの大規模コホートの解析で。牛乳を飲んだ量と骨折や
死亡との関連を調べたものが英医学誌ブリティッシュ?メディカルlanoucalcium。この論文は。牛乳のカルシウムで骨粗鬆症を予防しようというキャンペーンには
根拠がないとする。本論文は。子どもと若年成人において乳製品や総
カルシウムの骨健康に与える影響を調べた今までの研究報告を評価して1
最近の女性と青年-を対象にした前向き疫学研究も骨の健全発育
に関して乳製品やカルシウム含有食品の有効性子どもの骨成長を維持し
。向老期になってもその骨量を保持する,ためにはタンパク質の摂取量を
適量に保つ

あなたの質問が長過ぎて面倒くさいから読んでいませんが、牛乳有害説は聞いたことがありません。しかし、半世紀ほど前は母乳に水銀が含まれているから粉ミルクが良いと騒ぎ、粉ミルク飲ませてたら森永ヒ素ミルク事件が起きたり、コーラが有害だ!味の素が有害だ!マーガリンが有害だ!とか、そんな話は昔からいっぱいありますよ。だから、牛乳が有害だと聞いても信用しませんね。>牛乳有害説を目にしたり聞いたりしたことはありますか?無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です