芸能

集合と要素の個数 A∪Bに属する整数の個数が7個となるk

集合と要素の個数 A∪Bに属する整数の個数が7個となるk。集合Aに含まれる整数は、。A∪Bに属する整数の個数が7個となるkの値の範囲を求めよ解約者は要注意!A∪Bに属する整数の個数が7個となるkの値の範囲を求めよから毎月883円ずつ盗まれるのを止める方。高校数学です 実数全体の集合をRで表し、これを全体集合とする Rの2つの部分集合 A={x x 1 <5}、 B={x k≦x≦k}を考える A∪Bに属する整数の個数が7個となるkの値の範囲を求めよ という問題で、これはどのように解けばいいですか 教えてください 集合と要素の個数。たとえば,からまでの自然数のうち,奇数全体の集合を とすると,,,,,
を要素とする集合となります。このことを記号ています。また,実数で表現
できない数 ??を含むような数からなる集合? もあります。?=複素数
,??=虚数 ?数学B? と のどちらにも共通に属する要素全体の集合を, と
の 和集合 といい, ∪ と表します。すなわち,∪={|∈ または ∈
}ということです。 また,例5.次の集合ただし, は整数全体の集合とする

集合Aに含まれる整数は、-3、-2、-1、0、1、2、3、4、5したがって、A∪Bには9個以上の整数が含まれます。Aに属する実数は-4×6よって7個の整数は-3,-2,-1,0,1,2,3でありこれを満たすkは3≦k4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です