ファッション

第37話日本という怪しいシステムに関する一見解 口座を家

第37話日本という怪しいシステムに関する一見解 口座を家。そうみたいですね1997年大蔵省原案預金等に関するもの、株式も別にホフリを使って別途徴収?国債?地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする。口座を家畜番号で監視して預金封鎖を狙う側にとっては
安倍晋三は救世主なんですか 第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。日清戦争では悪疫疾病に兵士を乾したが。日露戦争の場合は兵士を肉弾と して
戦い。膨大な犠牲を出した。敗戦昭和年までの「天皇制」は。それを
利用した軍部や軍属属僚にとって は国民に対する「暴力機関」だったと公言して
も。という巨額を国民の負担で貸し付け事実においてはその過半 をくれて
やったわけ。なお。この外にも預金部の金数千万高 位の軍人は政治家や実業
家と共に。国民を国のためという名目で。実は自分の ために。家畜並に使用しま
した。

そうみたいですね1997年大蔵省原案預金等に関するもの、株式も別にホフリを使って別途徴収?国債?地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする ?郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。このため預金者などに対しては一切の払い出し?解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。?民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です