地域

温暖化の科学 地球温暖化対策に空気中の二酸化炭素をタンク

温暖化の科学 地球温暖化対策に空気中の二酸化炭素をタンク。いくつか疑問があります。ずぼらなサルが2年間の一人暮らしでたどり着いた地球温暖化対策に空気中の二酸化炭素をタンクに保管できないのですか作り&暮らし方。地球温暖化対策に空気中の二酸化炭素をタンクに保管できないのですか よくある質問?回答集。特定地球温暖化対策事業所の指定取消しについて。環境確保条例第条の第項
より。「義務の履行を確認した場合」にエネルギー管理の連動性について。
企業の甲工場大規模事業所に他者が石油を供給し。その石油タンクから企業が
削減義務の対象となるのは特定温室効果ガスエネルギー起源 だけです
ので。その他ガスが増加してしまった場合で定額電灯契約であり。請求書等の
購買伝票等により電気の使用量を把握できない場合の電気の使用量は。「契約
電力アングル:大気中のCO2回収。アイスランド南西部の荒涼とした丘陵地帯で。労働者たちが巨大なファンを設置
している。空気中から二酸化炭素を取り込み。地中深くに固形化して埋蔵する
という。画期的ではあるがコストのかかる地球温暖化対策の1つで

超夜更かしだった先生が朝型人間になるために実行した地球温暖化対策に空気中の二酸化炭素をタンクに保管できないのですかの大切なこと19。温室効果ガス排出量実質ゼロを目指すなら。これまでの日本の温暖化対策目標は。「年の温室効果ガス排出量を年比
で%削減」。「年までに%を大気中の主要な温室効果ガス
二酸化炭素。メタン。一酸化二窒素の増加が続いており。年の世界平均
濃度はいずれも観測史上最高を更新した。地球環境においては。日射の
エネルギーは?パーセントくらい。石油はパーセントくらいが有効に
使える。エネルギーは保存則により。創ることも消すこともできないはずです
。地球温暖化と二酸化炭素の関係~二酸化炭素が増えている原因。地球温暖化の原因は。一般的に大気中の温室効果ガスの増加が最大の原因と言
われていますが。その中で最も影響を与えているのが二酸化炭素です。 今回は。
二酸化炭素が増える原因や。地球温暖化対策として二酸化炭素を減らすための

地球温暖化対策に空気中の二酸化炭素をタンクに保管できないのですか!半年で月5万円稼ぐアフィリエイトサイトを作る為の54の手順。温暖化の科学。二酸化炭素が増えると地球が温暖化するというはっきりした証拠はあるのですか
。 江守正多ところで。大気中における赤外線の吸収。放出の主役は。大気の主
成分である窒素や酸素ではなく。水蒸気やなどの微量な気体の分子です。二酸化炭素を大気から吸収する新技術。空気中の二酸化炭素を低コストで吸収する新技術を。カナダの企業がこのほど
公表した。光の遮光板を建設したり。二酸化炭素を吸収する物質を海中に投入
したりといったアイデアは。温暖化ガスの排出削減をしかし。キース教授は
航空機や大型輸送の排出ガス問題は。電気自動車技術だけでは解決できないと
考えている。能登町。新型ウイルス対策の交付金で「巨大イカ」設置

いくつか疑問があります。?どうやって二酸化炭素のみを分離してくるのですか?気体の密度は大変低いので、現実的には液化させて保管することになりますが、液化のためのコストなどはどう考えますか?人工衛星内の乗員が吐き出した二酸化炭素は回収して二酸化炭素の入って居ない空気に人工的に浄化していますけど。地球温暖化となると大気が相手で規模が大きすぎます。仮に大気を吸引して二酸化炭素を吸着するにしても装置が膨大となりますね。採算的に合わないから大気中の二酸化炭素吸着事業を立ち上げないのでしょう。その大気の二酸化炭素を吸着してという発想は良いですが。通説で二酸化炭素は地球温暖化の原因とされていますが、間違っていますから、地球温暖化対策として空気中の二酸化炭素をタンクに保管しても、何の効果もありません。2000年までの温暖化は人為的に排出したCO2によるものではなく、1900年代後半の1000年ぶりの活発な太陽活動、現代極大期による自然現象です。太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、0.98です。同じ時期のCO2と気温の相関係数は0.66で、因果関係がない偽相関です。温暖化CO2説は1980年代からCO2を悪者にして原発を推進するために科学的事実とは無関係に政治的に主流となっている「えせ科学」です。もともと成り立たないと、長年にわたって学会で退けられていましたが、1980年代に科学を無視して、政治的に主流になりました。CO2濃度の上昇が赤外線の吸収を増やし、温室効果を高めると実験で立証した科学者はいまだかつていません。一方、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収は増えないし、温室効果も高まらないこと実験で立証した科学者はいます。CO2が温室効果ガスであることを発見したチンダルです。チンダルは、その後の実験で、CO2濃度を2倍にしても、赤外線の吸収が変わらないことを見出しました。 1900年頃の科学者たちは1896年発表のアレニウスのCO2温暖化説はチンダルの実験結果で論破されているとして、全く支持しませんでした。 このチンダルの実験の追試はクヌート?オングストロームによって行われ、同じ結果が得られています。いまだに、これらの結果を覆す実験結果は得られていません。CO2の400ppmの赤外線吸収スペクトルと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほぼ同一ですから、これらの結果も当然のことです。CO2に温室効果があるから、当然、CO2濃度が上昇すると温暖化するに違いないと思い込んでいる非科学的な人があまりにも多すぎます。温暖化CO2説では、CO2が多くなると地球から宇宙へ出る放射がCO2により多く吸収されるようになり、地球に熱がたまるから温暖化するとされています。しかしCO2が吸収できる遠赤外線は波長15μm付近だけです。15μmの地球放射は10m未満の高さでCO2に全部吸収されていて吸収されずに宇宙まで進んでいるものはありません。15μm付近の地球放射の宇宙への透過率はゼロですから、その波長ではCO2による温室効果が100%で、放射冷却していません。従ってCO2濃度が高くなってもさらに多くの赤外線を吸収することはできず温室効果の増大も温暖化も物理的にあり得ません。大気通過後の放射スペクトル分布CO2の赤外線吸収波長15μm付近の地球放射の宇宙への透過率はゼロです。その波長では放射冷却が起きていませんから、CO2濃度の上昇による温暖化は不可能です。大気の窓地球には既に、石灰岩?石油?石炭?天然ガス?メタンハイドレート等として膨大な量の炭素が地殻に固定化され蓄えらています。海にも膨大な量の二酸化炭素が溶け込んでいます。これ等の炭素が全て大気に放出されると、地球の大気も金星と同じ様に二酸化炭素が主成分となり、気圧も70気圧に達すると言われています。金星と同じように高い圧力のため気温も数100℃に達するでしょう。しかし、二酸化炭素濃度が上昇しても、植物の光合成が活発になり固定される炭素の量が増えたり、海水に溶ける二酸化炭素の量が増えるので、今の地球には大きな変化は無いでしょう。現状、大気の二酸化炭素濃度は、0.04%です。全く問題無いレベルです。化石燃料は数億年も掛かって全地球的規模で生成された物です。人類が100年程度使っても、その量は全体から見たら0に等しいものです。加圧して超臨界状態にまで密度を高めたCO2を、タンクに詰めることはできますよ。工場の排気ガスからCO2を分離回収する技術も確立してますからね。より安価な技術を確立しようとしてるけど。加圧技術など、LNGを思えば、簡単です。でも、タンク、どーします?「保管できるか?」までが質問ですよね。福島第一のトリチウム汚染水みたいに、地上にズラって並べます?多分、面積不足です。あれは、土下座して、海に流せばいいんだけど。洋上にタンクを並べます?船積みタンクだと莫大な金がかかるでしょう。タンクだけを切り離して、洋上タンク保管場を作って浮かべても巨大構造になるでしょうね。パネルで覆って太陽光発電してもいいけど、送電が難しいでしょう。いっそ、孤児タンクにして洋上に流すとすれば、海運に支障、死傷でもいいか、が出るでしょうね。で、回答としては、タンクに保管は非現実的です、になるかな。タンク保管が問題なわけで、二酸化炭素、貯留で検索してみてください。タンク保管に代わる策が見つかりますよ。無理です。技術的には可能なのですが、CO2削除に効果がある程のレベルでやるのは無理です。どうせ莫大な量のCO2が海水のオープンルーフのタンクにためられています。動植物の体?岩体?海水などのタンクにためておくのが良いのでは?地球大気の総質量は 5.27×10の18乗 kg つまり 5270兆トンだそうだ。その体積は0℃1気圧で 40.75億 立方キロメートルになる。二酸化炭素は現在、空気中体積比で約400ppm 0.04%だから、大気から抽出すればその体積は0℃1気圧で、 約163万 立方キロメートルになる。質量で言うと、約3.22兆トンだ。ドライアイスにすれば0℃でのガス体積の約789分の10.00127の 2066 立方キロメートル約2兆立方メートルになるが、重さはそのまま変わらない。それは厚さ1メートルのドライアイスでメキシコの国面積を覆いつくすのとほぼ同じ量だ。IPCC 第五次評価評価報告書、によれば、今後とも似たようなペースでCO2排出を続ければ、これまでの人類活動による大気中累積CO2と大気温の関係同様に温暖化が進み、2100年には2020年に比べグラフから約3.3℃程度大気温が上がる可能性が高いとしている。その時の2020~2100年間のCO2累積排出量は、グラフから約5700GtCO2 10億トン、すなわち、5.7兆トンだ。それが現在の大気中CO2に加わる。大気中濃度は現在の約400ppmに約700ppmが加わり、1100ppm0.11%となる哺乳類が大繁殖する以前の白亜紀くらいの濃度ーそれ以降は減り続けていた。今の大気中濃度以上にしないためには、80年間で5.7兆トンを取り除かないといけない。それをタンク保管するには、最低でも上と同様にメキシコの1.77倍の面積に厚さ1メートルのドライアイスを敷き詰めなければならない。だがそんな巨大な量の処理は技術的に不可能だ。また、ほとんどのCO2排出源は、CO2回収を無視しているし、可能にする技術や財源もない。一部大型発電だけで新しく作っても全体の中では些少に過ぎる。さらには、それはCO2をせっせと生成しながら回収する話だから、80年で終わるというものではない。有限な資源を使い切るまで続けて地球をCO2のごみの山にし、後にはエネルギーが何もなくなって回収したCO2を補完することが出来ずにいやでも大放出され、一気に環境暴走となるだろう。タンク保管などはまずできない相談だが、それにもましてやろうとすることはつまり、何も無いことにして目をつむるのとまったく同様なのだ。人類の未来を考えるならば。だからこそ、化石燃料使用とウラン使用を再生可能エネルギー利用へ転換していくことと、省エネルギー技術の開発普及が同時に進められている。ウラン使用はCO2よりハイパーに始末が出来ない放射能ゴミの山を作り、かつ再生不可能物件だ。→だからそういう風な無駄な行為は、やめた方がいいのです。無駄ですよ!無駄!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です