音楽

民主主義の原則 憲法の中に資本主義を擁護する要素あります

民主主義の原則 憲法の中に資本主義を擁護する要素あります。憲法29条で私有財産制を定め、22条で職業選択の自由を定めていることが根拠とされます。憲法の中に、資本主義を擁護する要素ありますかね 民主主義の原則。民主主義国は。言論や信教の自由。法の下で平等な保護を受ける権利。そして
政治的?経済的?文化的な生活を組織し。これらに全面的に参加する機会などの
基本的人権を擁護することが。国の最も重要な機能のひとつであることを理解し
ている

憲法29条で私有財産制を定め、22条で職業選択の自由を定めていることが根拠とされます。資本主義または資本制は、営利目的の個人的所有者によって商業や産業が制御されている経済的?政治的システム。資本主義に基づく社会は「資本主義社会」「市民社会」「近代社会」「ブルジョア社会」等という。 資本主義は封建主義の後に現れた体制である。すなわち努力を重ね実績を積み重ねた者のみを擁護する憲法である職業の自由ですかね。日本国憲法第22条第1項 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する資本主義を直接擁護しているわけではありませんが職業選択の自由があるので自由に商売をする権利は認められて資本主義になります。「擁護する要素」というのがよくわからんが、憲法29条1項は、私有財産制の制度的保障を規定していると解釈されている。資本主義を直接擁護しているわけではありませんが職業選択の自由があるので自由に商売をする権利は認められて資本主義になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です