ショップ

普段はkissでAFが壊れてしまったレンズを使う時MFで

普段はkissでAFが壊れてしまったレンズを使う時MFで。かなりの超広角レンズですから、多少絞るだけでピントの合う範囲は非常に広くなります。超夜更かしだった主婦が朝型人間になるために実行した普段はkissでAFが壊れてしまったレンズを使う時MFでもシャッター半押ししながらリングを回すとピントが合った時ピピッと反応してピントが合ったことがわかるのでα6000でもそういうことができるといいのですがの大切なこと98。SIGMA 8 16mm(ソニー用)の超広角レンズが予算内なのでα6000で使用したいのですが、eマウントの為マウントアダプターが必要です

AFが使えない安価なもの、
純正 でも安価なLA EA1
高価 なLA EA4
で迷ってます

MFでもピーキング等使えばピントが合わないとかないでしょうか

普段はkissで、AFが壊れてしまったレンズを使う時、MFでもシャッター半押ししながらリングを回すとピントが合った時ピピッと反応してピントが合ったことがわかるのでα6000でもそういうことができるといいのですが
(α6000は手に入れたばかりでまだよくわかってません)

よろしくお願いいたします EOS。本書を読みながら実際に撮影し。その結果を確認しながら理解を深め。操作 に
慣れてレンズキットをお買い求めのときは。レンズが付属しているか確認して
ください。 ※ レンズ。手動でピントを合わせるマニュアルフォーカス
に濡れてしまったときは。早めに最寄りの修理受付窓口にご相談
ください。また。シャッターボタン半押し状態を長く続けたり。オート
フォーカスのみ遠くからでも撮影できるよう。できるだけ望遠レンズを使用
します。

かなりの超広角レンズですから、多少絞るだけでピントの合う範囲は非常に広くなります。ですから、AF無しでいいという発想はアリです。そもそもシフトレンズなどはMFしかありませんし。ピント合焦時の音は、電子接点によりレンズと本体が連動していないと鳴りません。ただ、8-16mmほどの超広角レンズに限っていえば、先に述べた通り被写界深度はかなり深いですから、そのような機能は必要ないと思います。私も鬱陶しいのでオフにしています。しかし、一つ目の選択肢「AFが使えない安価なもの、」というのはオススメできません。電子接点の役割は何もAFが出来るという点だけではなく、先に述べた電子音のほかに、画像にレンズ情報を記録するという重要な役割もあります。これが出来ないとどうなるかというと、RAWの現像時、またはJPEG撮って出しの場合でも、歪みや諸収差の自動補正がされなくなります。デジタル的な処理による歪みや諸収差の補正をそもそも想定していない、もしくは余り必要無いように設計されている、オールドレンズやシフトレンズと違って、最近のレンズ、特にズームレンズは、デジタル的な自動処理による補正ありきで設計されているものも多く、同じシグマでも12-24などはデジタル処理なしでも歪みは少なかったですが、8-16はそれなりに出たと記憶してます。ですから、多少なりとも価格を抑えたい場合で、無難な選択肢は「純正?でも安価なLA-EA1」となります。他にオススメの案としては、シグマ純正のマウントアダプター「MC-11」を使うことです。レンズはキヤノン用のものを購入します。ソニー純正のものよりも動作が保障されています。超広角ならAFである必要はない。だからLA-EA1や電子接点すらないマウントアダプターでもいいんじゃないかな。超広角に限ればAFもMFも大した差はないよ。AFでもマウントアダプター経由だと合焦時間が長いしね。α6000でMFレンズを使う場合、ピントが合ってもピピっと音はしないが、ピントが合ってる部分を色付けで表示できるフォーカスピーキング機能がある。そもそも中古でレンズ買ってアダプタMC-11は2万くらいしますなら純正中古でいいのでは?まあ、中古と新品あんま価格差ないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です