ショップ

地積測量図とは たとえばabcdと敷地の点があり今回はa

地積測量図とは たとえばabcdと敷地の点があり今回はa。昭和40年代の図面であれば、現代のように隣接地所有者から承諾印を頂くという作業をしていたという確証はありません。TOEICのリスニング問題よりも629倍以上面白くて刺激的なたとえばabcdと敷地の点があり今回はaを左上の点として右周りにbcdと測量した場合と左下の点dから左回りにcbaと測量した場合で結果が異なることはありますかで英語を学ぶ。土地境界線についての質問です
隣の家が土地売却の為、土地家屋調査士に測量を行い
このような境界線になると土地境界図を持って来ました 私は境となる壁の中心に境界線が引かれるものと思っていました
私の祖父が土地を購入した時の図面ではそうなっていたので
ところが持ってきた図面では壁の中心ではなく、壁の端側に線が引かれていて
そうなると私の土地が狭くなるんじゃないかということで困っております
たとえばabcdと敷地の点があり、今回はaを左上の点として右周りにbcdと測量した場合と、左下の点dから左回りにcbaと測量した場合で、結果が異なることはありますか
知識がないので教えてください 「地積測量図」とは。地積測量図がどのようなものか。どのよう場面で必要なのか。必要になったとき
はどこで手に入れることができるのかなどについて説明します。土地を所有し
ている人は。地積測量図という言葉を一度は目にしたことがあるかもしれません
。補足ですが。地籍図は。地籍調査の成果として作られる地図で。地籍調査
後に法務局に送られて備付地図公図となります。土地の枠外から説明し
ますと。上段には。右側に「土地の地番」と「土地の所在」が記載。

実践すれば本当にたとえばabcdと敷地の点があり今回はaを左上の点として右周りにbcdと測量した場合と左下の点dから左回りにcbaと測量した場合で結果が異なることはありますかが変わってしまう6つのポイント【悪用厳禁】。三斜法による測量図からの復元2。形状が明確でなく,面積計算に使用した数字からの復元図のような土地
について,説明の都合上,屈曲点境界点に適当な記号a,b,c,d,eを
付けて説明しますが,明確点cと点eの位置には,隣家との境界として昔から
残る境界石がありますが,他の境界点a,b,dには何も無く,境界ア測量
図に記載されている数値のみで復元出来る場合ここで,点a,点dから垂線を
下ろした交点をそれぞれ①②とし,点bから①までの距離をX,点bから②まで
の距離公図14条地図?地積測量図。公図条地図?地積測量図について。三井住友信託銀行グループの三井住友
トラスト不動産がわかりやすくまとめました。法務局には。一定の行政区画内
に存する土地の地番。筆界点の位置を記載した地図又は公図が備え付けられてい
ます。公図は「地図に準ずる図面」として法務局に備え付けられているもので
。登記手続き。筆界特定手続き。境界確定訴訟したがって。当該地番を含む
街区全体について辺長。地積の誤差がある場合は。定性的な観点から誤差数量の
寸法

昭和40年代の図面であれば、現代のように隣接地所有者から承諾印を頂くという作業をしていたという確証はありません。その当時の一般的な調査士事務所の測量技術では、平板と言われるもので測量していました。現代のように、距離、角度を正確な数値で記録するようなシステムではなく、現場で距離を測りながら、その場で図化していたような時代です。距離を測るのも高低差も考慮出来ず、また角度も読めません。高低差を考慮し、ある程度正確な距離、角度で測量可能になったのは、早くて昭和40年代後半に入った頃で、その当時であれば、現場で平板を据え図化をした後に、さらにトランシットと呼ばれる機械を据え、鋼巻尺で斜距離と高度角、方向角などをアナログで読み取り測量していたような時代です。無論、CADやパソコンなんて代物も無くば、計算機も関数電卓が普及し始めたのは昭和50年代以後の話しですから、それ以前だと普通の四則計算しか出来ないものが主流だったはずです。よって四則計算しか出来ないうちは、関数表で見ながら、逐一掛け算していたのです。このように道具と計算過程の時代背景がありますから、昭和40年代だとトランシットは持っていたとしても、大きい事務所でも博物館に飾ってあるような大型のパソコンで、関数計算させるのが精々の時代です。なので、その時代の測量技術で作成された図面であれば、現場との整合性で合わなくなる可能性は大いにあり得ます。ブロックが傾いていたとのことですが、誰か築いたものなのか?また、境界杭などがあり正確な位置に施工されたという確かな保証まではありません。境界杭の埋設された位置を動かさない状態で施工するのは、ちょう張りを打つ要領など、現代と昔とて然程変わりません。現代の測量は、後日同じ観測を行ったと仮定しても、誤差は精々4,5ミリ程度であって、その位の精度での観測が可能です。また、測量データを後からパソコンで計算されるだけなので、順番は関係ありません。そもそも境界線を決めるような場合は隣地の人も立ち会ってやるものです。声がかかったらあなたの所の地籍図などを持ち出して、現場と見比べて決めるものです。初めに、隣地との間で境界を確定してから、図面を作成するものです。一方的に境界を決め、勝手に測量することはありえません。おそらく、隣地の土地面積を確保することを優先とし、隣地の指示のみで境界を決めたのでしょう。まずは、こちらの根拠となる資料を提示して、回答を待ちましょう。その返答に納得できなければ、署名捺印をしないまでです。私の実体験では、家屋調査士には、挨拶ができない、言葉使いが悪い、交渉能力がない、などそう言う方が多いです。>今回はaを左上の点として右周りにbcdと測量した場合と、左下の点dから左回りにcbaと測量した場合で、結果が異なることはありますか?三角形を作って、測量するので、右回り、左回りはないです。距離が出れば、ヘロンの公式で特定できるので、測量の順番で変わることはありません。ただ、測量のやり直しで、従前と違う線が境界になることも有ります。>私の土地が狭くなるんじゃないかということで困っております。これは、あり得る話です。測量のやり直し、で、面積が変わることはあり得ます。大変ですね。ただ、いくら土地家屋調査士が大変な資格で、考慮された作図でも、裁判所が定める境界には対抗できません。もちろん土地家屋調査士が作った図面は重要な証拠にはなります。最終判断ができるのは裁判所だけです。祖父の図面が見てみたいもんです。でないと何とも言えません。で、質問者さんの土地の面積がせまくなる根拠はありませんよ。土地家屋調査士は近隣の土地の整合性まで測ってますので間違いないと考えます。でないと、玉突き事故みたいになってしまい日本の国土は収拾がつかなくなるんです。調査士の資格はそれくらい責任が重く1年で1県で1人、2人くらいの合格者しか出ません。へたすると0人とかいう年もありますからね。あと、ブロックは動きませんよ。何かあって新しくする時があれば同じ処に積めばいいんじゃないですかね。測量は巻尺ではなくトランシットという器械で測ります。1台で高いものは1000万近くするもんです。現在では、精度が上がってきてますので昭和時代の測量技術とは格段に精度がいいのです。お隣さんが示した境界線に不満かあるなら同意しなくてもいいです。ただ将来的に逆の立場になった時、お隣の同意が得られない可能性が有ります。もし売却したくなった時、境界線がハッキリしていないと不利になります。質問者様がおっしゃるような測定の順番は関係ないと思います。①、道路既存幅員や宅地周囲の「筆界や境界線確定図」を作成に立会を求められたならば、貴方様が土地家屋調査士へ国土調査地図や旧以前の筆界線確定図なと有利な資料を出してコン杭打ち直しも立ち会うこと。②、貴方様に有利な資料がなければ、相手が持っている資料の提示を求めることです。お互いに納得した箇所で長さも確認をして同意署名と捺印をすべきです。それ以外では、両者土地登記簿で案分して合意する。③、既に署名と捺印が済んでからでは、祖父の問題点も既存ブロック積塀の中心線や外面と云っても境界線確定済みとなります。相違の場合は、先の状態になる前に是正をさせないと駄目で、認めたことになります。現在の状態は、公的に証明され、かつ利害関係者が承認した境界線が存在しない状態だと思います。そこに、土地家屋調査士が、一つの案として今回の境界線を提案をしてきている状態と想定されます。その提案に利害関係者が同意し、それを登記に反映してやっと境界が確定します。貴方は、利害関係者の一人ですから、あなたの同意なしには境界が確定しません。あなたはその境界の提案にどうすれば同意しますか。私だったら、まず、先祖が購入したときの図面を提示し、その通りでないなら同意しません。さらに、調査士に自分の土地の面積が登記簿通りに確保されているか確認をします。また、隣の土地についても、異常に面積が増加してないか確認します。少なくともこれらの点が確認され、納得すれば同意します。もし、仮に隣の土地の面積が登記面積より異常に小さい場合、多少のことなら相談に乗ってあげてもかまいませんけどね。どっち周りでも関係無し。境界が違うと主張するなら、隣地承諾印を押さなければ良い。証拠として、土地を購入した時の図面を担当土地家屋調査士に提示されたし。①最近当方の隣が土地付きの一軒家を売却しましたがその際に境界確定のための立ち会いがありました。現場立ち会いしてないですか?②関係者、つまり持ち主?当方?市役所市道にも面しているので及び土地家屋調査士が立ち会いの上でも確認です。③特段の異議もなく現場での確認を終え、後日書面にして副本が届けられましたが問題はないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です