ショップ

地球環境を守る活動 しかし高校でグループ研究をしておりそ

地球環境を守る活動 しかし高校でグループ研究をしておりそ。創薬と再生可能エネルギー?環境を両立することは不可能なので、どちらか一つということになります。TOEIC354点台でも667点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた。将来の進路についてです 少し長文になると思います 私は今、高3(女)です 今更、悩んでいるどころではないのは承知しているのですが、まだ将来何をしたいのかはっきりしていません 小学生の頃から理科や実験が好きで、漠然と研究者になりたいと思っていました 中学生の頃から、創薬をしたい(新薬の開発に携わりたい)と考えており理学部の生物系の学科に進み、製薬会社の研究職に就きたいと考えていました しかし、高校でグループ研究をしており、それは再生可能エネルギーに関わることで、環境について(再生可能エネルギーや植物資源などについて)興味が出てきて、理学部や農学部の環境にも関わる学科に進みたいとも考えるようになりました 今までは新薬の開発に携わり、少しでもひとの助けになりたいと考えていましたが、環境のことを考えて将来の地球や子どもたちのために資源やエネルギーを通して人の役に立ちたいとも考えるようになりました (でも、創薬をしたいという思いも強くあります ) 自分のことなので、自分で決めるべきだとは思っているのですが、どちらも自分の興味があること?好きなことなので、なかなか決めることができません 何かアドバイスや意見などがあれば、教えていただきたいです 再生可能エネルギーってなんだろう。再生さいせい可能かのうエネルギークイズにチャレンジしてみよう!
アニメ 動画どうがでご 紹介

地球環境を守る活動。近年は特に。地球温暖化が自然界にどのような影響を及ぼすのか。などより
大きな視点での調査?研究も注目されています。ジャパンでは。次世代を
担う高校生を対象に。気候変動とエネルギー問題を議論する特別ワークショップ
「選ぶこうした保護区の保全は。貴重な自然や野生生物を守るだけでなく。人
の暮らしを守ることにもつながっているのですしかし。それは将来の資源を
食いつぶし。環境保全のコストを未来へ押しつけていることの裏返しでしか
ありません。

創薬と再生可能エネルギー?環境を両立することは不可能なので、どちらか一つということになります。その2つでハードルが低いのは後者かなと思います。創薬製薬会社の研究員になるをするためには6年制の薬学部又は理?工学部の修士課程博士まで行ければなお良いまで進む必要があります。製薬会社の研究職は非常に人気ですので他の優秀な学生と少ない枠を争うことになります。また製薬会社に採用されたとしても研究職に就けるかどうかは分かりません。環境問題?エネルギー?資源なら幾らでも選択の余地があります。工学部?理学部?農学部のどれでも関わることができます。もちろんその中で研究職に就くとなるとやはり大学院までは行かなければならないでしょう。ただ環境?エネルギー?資源はかなり広い分野なので、研究職でなくとも何かしらの形で関わることはできると思います。どちらに進むにしても研究職を目指していて阪大無理ではかなり無謀。まずは学力を上げることを考え、合格できそうなところにすればいい。やりたいことも大切だけど、出来ること自分に適性がある方向を見つけることも大切。関関同立レベルじゃ創薬の仕事は無理だなどこの製薬会社も研究職として採用してくれないよやりたいことより得意な方を極めていった方がいいと思いますよ基礎研究、応用研究、どちらに興味があるか、まずはそこからご自身の指向性を探ってみてはいかがですか?文書を拝見してその点が曖昧に見えました。そうですねぇ。そういう夢や好きなことがあるのなら大学に行かなければいけませんので、自分でそう言った研究などを携わる大学を調べるか進路の先生に相談して探してもらって、そこから実際にその目で見学してみてはどうでしょうか?大学側にアポを取らないといけませんが、そこまで強い意志をお持ちなら、自分からアポを取って見学しに行くのもいいかもしれませんね。少なからず相手側は「あぁ、この子はそれだけやる気があるんだなぁ」って思うかもしれません。ともあれ、ひとまず、大学を探して?なんの研究をしているか何の活動をしているかを見て聞き、そこから答えという選択をすればいいと思いますよ。冗談抜きで、東京大学に行けばいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です