音楽

原発安全対策費 『東電は柏崎刈羽67号機新潟県の液状化対

原発安全対策費 『東電は柏崎刈羽67号機新潟県の液状化対。①。いつ来るか分からない73分のために『東電は柏崎刈羽67号機新潟県の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが増大し9690億円に倍増した』って液状化の起き得る場所に原発を建てたのがそもそもの誤りだったんじゃないのでしょうか準備をしているのがペリー【まとめ】。以下のYahoo!JAPANニュース(朝日新聞デジタル)の記事を読んで、下の質問にお答え下さい https://headlines yahoo co jp/hl a=20190812 00000001 asahi soci (原発安全対策費、5兆円超に 政府の「最安」評価揺らぐ)

『東京電力福島第一原発事故後の原発の安全対策費が、電力11社の合計で5兆円を超えることが朝日新聞の調べでわかった 建設が遅れているテロ対策施設の費用は、当初の想定の2~5倍に膨らんでいる まだ織り込めていない原発も多く、安全対策費が今後さらに増えるのは確実だ 電源別で原発の発電コストを「最安」とした政府の評価の前提が揺らぎつつある

朝日新聞は2013年から、新規制基準で義務づけられた地震や津波、火災、過酷事故などの対策にかかる費用の最新の見積額を電力各社に尋ね、集計してきた 建設中を含めて原発をもつ11社の今年7月時点の総額は、少なくとも5兆744億円となり、1年前より約6600億円増えた

東電は、柏崎刈羽6、7号機(新潟県)の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが増大し、9690億円に倍増した 関西電力も大飯3、4号機(福井県)のテロ対策施設の建設費として1308億円を追加した 3原発7基の再稼働をめざす関電の安全対策費の総額は1兆円を超えた 東北電力は、昨年まで二つの原発の総額を3千数百億円としていたが、今回は女川(宮城県)だけで3400億円とし、東通(青森県)の費用は評価できないとして額を示さなくなった 』

① 『原発の安全対策費が、電力11社の合計で5兆円を超える』事のようですが、毎年増え続けており、更なる安全対策費が嵩む心配はありませんか

② 『テロ対策施設の費用は、当初の想定の2~5倍に膨らんでいる』のは、当初の想定があまりにも楽観視し過ぎていた事になりませんか

③ 『電源別で原発の発電コストを「最安」とした政府の評価の前提が揺らぎつつある』のは、最初から原発の発電コストを「最安」としていた事が嘘だったとの認識で宜しいでしょうか

④ 『東電は、柏崎刈羽6、7号機(新潟県)の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが増大し、9690億円に倍増した』って、液状化の起き得る場所に原発を建てたのがそもそもの誤りだったんじゃないのでしょうか

⑤ 『関西電力も大飯3、4号機(福井県)のテロ対策施設の建設費として1308億円を追加した 3原発7基の再稼働をめざす関電の安全対策費の総額は1兆円を超えた』事までして、どうして再稼働をしたいのでしょうか

⑥ 大きく掛かった安全対策費は、電気料金として回収される訳ですか もしそうなら、原発は高いので、「最安」と言って来た事に怒りを感じませんか 津波対策。柏崎刈羽原子力発電所の津波対策をご紹介しています。想定する津波の高さの2
倍の高さで防潮堤を設置しているほか。津波が防潮堤を乗り越えて浸水した時を
想定し。何重にも対策発電所では。津波などによる敷地内への浸水や。建物へ
の衝撃を防ぐため。海抜約の防潮堤を設置しています。現在。地下深くの
液状化対策について検討を進めています。~号機は。海抜の敷地に
セメントを混ぜて強度を増した土で高さ約敷地の高さと合わせて海抜
の盛土

4287円台で飲める、本当に美味しい『東電は柏崎刈羽67号機新潟県の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが増大し9690億円に倍増した』って液状化の起き得る場所に原発を建てたのがそもそもの誤りだったんじゃないのでしょうか。詳報新潟県知事と原子力規制庁長官のやりとり。東京電力柏崎刈羽原発のテロ対策設備の不備を巡り。新潟県の花角英世知事は日
午後。東京?六本木の原子力規制委員会が入るビル内で。事務方ト原発原発安全対策費。東京電力福島第一原発事故後の原発の安全対策費が。電力11社の合計で5兆円
を超えることが朝日新聞の調べでわかった。建設が遅れて電源別で原発の発電
コストを「最安」とした政府の評価の前提が揺らぎつつある。 朝日新聞東電は
。柏崎刈羽6。7号機新潟県の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが
増大し。9690億円に倍増した。関西電力今の原発は。ボットン便所作って
これなら下水処理費かからないって言ってるのと同じだわ 名刺は

お坊さんが不快に感じるペリーの原因物質…『東電は柏崎刈羽67号機新潟県の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが増大し9690億円に倍増した』って液状化の起き得る場所に原発を建てたのがそもそもの誤りだったんじゃないのでしょうかとは。東電。新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所でテロ対策に重大な不備があった
として。原子力規制委員会は日。東京電力に対し。柏崎刈羽…柏崎刈羽。東京電力新潟本社新潟県の橘田昌哉代表は24日。新潟市内で記者会見を
開き。柏崎刈羽原発7号機同県の再稼働に向けた実質的なが2021年1
月上旬にずれ込む見通しになったと明らかにした。20年中を目指していたが。
悪天候などで地盤の液状化対策工事が遅れた。県や柏崎市など地元自治体の
同意を得る必要があるため。再稼働の時期は決まっていない。再稼働。福井
知事は同意議論せず 関電に貯蔵施設の候補地求める令和2年度第2回新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会。資料 柏崎刈羽原子力発電所。号機における液状化対策について東京電力
[ファイル/] ?資料 柏崎刈羽原子力発電所号機における
フィルタベント設備の耐震性について東京電力 [

原発安全対策費。東京電力福島第一原発事故後の原発の安全対策費が。電力11社の合計で5兆円
を超えることが朝日新聞の調べでわかった。建設が遅れ東電は。柏崎刈羽6。
7号機新潟県の液状化対策やテロ対策施設の建設費などが増大し。9690
億円に倍増した。脱原発しても金かかるから。どうせ金かかるなら稼働した方
が良いって言う名無しさん@1周年月

① これは2013年1月が徐々に増え続けており、2013年1月時点での安全対策費が2019年7月時点で5倍に跳ね上がっており、この数値は年を追うごとに増え続けて、御指摘のように更なる安全対策費が嵩む心配というか現実は見えているのであり、10年後には10兆円を超えている事すら考えられるのであります。② 結果から言えば仰る通りであり、当初の想定が余りにも楽観的過ぎたと言わざるを得ないのであります。安全対策費が9,982億円との2013年1月現在の数値が余りにも楽観視し過ぎていたのであり、これが6年半後の2019年7月現在に5兆744億円と5倍を超えている事には、大変な違和感を感じるのであり、2013年1月現在では楽観主義的観測で安全対策費を見積もっていたと言えるのであります。③ そう言う認識で宜しいかと思うのであります。『最安』なんてとんでも無い嘘をぶちかましており、もとから『最高』の発電方式であったのであります。 どう計算しても原発は高い静岡県湖西市の三上元前市長の試算によると、浜岡原子力発電所の過酷事故を想定した発電コストは201円/kWhなのであり、これは火力発電の20倍を、太陽光発電の5倍を超える数値であり、到底『最安』などとは口が裂けても言える事では無いのであります。④ そもそも原発は地震の少ない盤石基盤の岩盤上に建設するのならまだしも、液状化の起き得る場所に原発を建てたのが誤りであった事に異議は無いのであります。⑤ 安全対策費の総額が1兆円を超えてまで再稼働させようとする事は、政財官学政財官学司法マスコミ等から成る原発利権集団の原発マフィアの既得権益の維持以外に無いのであります。即ち、政界には莫大な献金?パーティー券の購入、財界特に原発メーカーは原子力産業での莫大な利益、官僚には天下り先の確保、御用学者には莫大な研究費、司法には裁判官の出世、御用マスコミには莫大な広告?宣伝費を、電力会社乃至は電事連を中心に還流させているのであります。⑥ 大きく掛かった安全対策費は、電気料金として回収される事は、これまでの既存電力会社の遣り口を見れば明白であります。そして、この事は原発は高いにも拘らず、『最安』と言って来た事に怒りを通り越した憤りを感じるのであります。最も高い筈の原発を『最安』と騙し続けて来た既存電力会社には『詐欺的性質』が認められ、普通の会社が最も原価が安いと言って他の原価が安い筈の商品を売らずに、一番安いと言い続けた高価な商品を高い価格で押売りしていたのと酷似しており、断じて許される事は無いと言明して置きます。日本国の既存電力会社の悪い所は、『最安』と言い続けて来た原発と、火力発電や水力発電等の安い筈の電気と一緒に売り付けると言う点であり、原発由来の電気を拒絶出来る様な法整備を進めて貰いたいモノであります。① 安全対策工事は完了していません。あと数年は続きます。当然、その間に『安全対策費』は増加を続けます。 ② そうです。建設工事で予定予算が何倍にも増えるのは異常です。初めから低めに『ごまかしていた』可能性が強いと思います。③ 原発のコスト検討WG経産省は原発のコストを『安く』発表しなければなりません。そのために前もって『安全対策費』も安く見積もっていたのでしょう。 まさに『嘘とゴマカシ』の産物です。④ 原発は『強固な地盤』の上に建てることになっています。それが『液状化対策』が必要とは考えられません。これも『嘘とゴマカシ』の産物ですね。⑤ 関西電力は『顧客離れ』が進み、日本第二位の電力会社から第3位に転落したままのはずです。電気が売れないのに原発を増やす必要があるとは思えません。 ⑥ 現在の電気料金の『高止まり』は原発の『安全対策費』が電気料金に跳ね返っているからです。『原発は高い』もすでに世界の常識です。①から⑥までを一連の物として回答します。分けるべきは事故の事象と核廃棄物の後始末の問題。事故事故は必ず起きるものとは限りませんが、起きる事を前提に考えるのが安全コストを考える上で基本です。一旦事故を起こすと一つの電力会社が破綻する強烈な負債を抱えてしまいます。それは、インフラ事業ととして保有してはいけない事業システムです。事故は人為的や天災等の人間が手に負えない背景で発生します。人為的はテロから操作ミスや設計安全率不足などですが、人間は完全なものは作れませんから、事故の大きさを最大限に見積もり判断すると原発はメリットがありません。核廃棄物の後始末これは、導入当初に将来的に完全な核燃料サイクルが出来ると言う甘い技術的見込みで開始されています。まさにだ「ろう運転」です。しかし、もんじゅも失敗に終わり原発先進国では既にあきらめられています。そのため、将来大きな負担が掛かるので、これ以上出来るだけ核廃棄物を増やさないために再稼働しない事です。その分、コストを抑える足しになります。上記の要素から今後電気代は高くなる可能性があります。原発が高くつくと言うのを国は予測できなかったのです。政治判断としては失策でしょう。今となっては取り返しは付きませんが、再稼働を可能な限り自粛して少しでも出費を抑えるのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です