スポーツ

円周の長さの問題をもっと解いてみよう 半径R,質量Mの一

円周の長さの問題をもっと解いてみよう 半径R,質量Mの一。ID非公開さん1円板に働く力は、重力:Mg。半径R,質量Mの一様な円板の周りに長さ25Rの糸を巻き付け糸の端を天井に止めて手を離したときについて以下の問題に答えよ糸の重さは無視し円板の回転軸周りの慣性モーメントはMR2/2とするに役立つ、何度お勧めしても足りないくらい素敵なツール44選。物理の問題でどうしても解けないものがあるので解き方を教えていただきたいです 半径R,質量Mの一様な円板の周りに長さ25Rの糸を巻き付け、糸の端を天井に止めて手を離したときについて以下の問題に答えよ(糸の重さは無視し、円板の回転軸周りの慣性モーメントはMR2/2とする)
① 糸が伸びきるまでの時間を求めよ
② その時の円板の最大落下速度および回転速度を求めよ

教えていただける方よろしくお願いします 半径R,質量Mの一様な円板の周りに長さ25Rの糸を巻き付け糸の端を天井に止めて手を離したときについて以下の問題に答えよ糸の重さは無視し円板の回転軸周りの慣性モーメントはMR2/2とするの画像をすべて見る。

段ボール49箱の半径R,質量Mの一様な円板の周りに長さ25Rの糸を巻き付け糸の端を天井に止めて手を離したときについて以下の問題に答えよ糸の重さは無視し円板の回転軸周りの慣性モーメントはMR2/2とするが5万円以内になった節約術。ペンデュラムウェーブの糸の長さの求め方。まえがき こんにちは。えむしーじじょうのです。 今回はペンデュラム
ウェーブを作るときに重要な。糸の長さの求め方について解説します。
ペンデュラムウェーブとは。下の動画のようなたくさんの振り子を使って円周の長さの問題をもっと解いてみよう。円周の求め方の基本問題が解けるようになったら。次は応用問題にも挑戦してみ
ましょう。これも。5円周の長さを求める応用問題を解こう 円周の長さを
求める問題で。もっと基三つの図形を描き。図形の周りの長さを求める問題
を解いてみましょう。 円周面積の求め方 半径×半径× と。混同しないよう
に気をつけましょう。下のような図形は。直径が重なっていなかったり。半円
になっていない部分があったりするため。円周と同じにはなりません。

ID非公開さん1円板に働く力は、重力:Mg 円板の重心に、下向き糸の張力:T 重心と同じ高さの円周上の点に、上向きの2力です。重心に関する運動方程式は、加速度をa として、Ma=Mg-T …①重心の周りの回転の運動方程式は、角加速度をβとして、Iβ=TR …②糸が円周上を滑ることはないので、円板の重心の落下距離y と回転角θ の間には、y=Rθの関係があり、両辺を時間t で微分すると、dy/dt=R?dθ/dt∴ v=Rωさらに、もう一度時間t で微分すると、dv/dt =R?dω/dt∴ a=Rβ …③②に③のβ を代入して、Ia/R=TRI=1/2MR^2 だから、1/2Ma=T …②'①+②' により、3/2Ma=Mg∴ a=2/3gよって、円板の重心が y=25R 落下するまでの時間t は、y=1/2at^2 より、t^2 =2y/a =2?25R/[2/3g] =75R/g∴ t=5√3R/g2そのときの落下速度v は、v=at=2/3g ×5√3R/g =10/3√3Rgそとのときの角速度ω は、ω=v/R =10/3√3g/Rとなります。既に回答がありますが、少し違ったやり方で???滑車の慣性モーメント I、滑車の落下距離 x、滑車の重心の落下速度 v、滑車の角速度 ω とすると、力学的エネルギー保存則より 1/2Mv2+1/2Iω2 = MgxI=1/2MR2、ω=v/R なので 1/2Mv2+1/21/2MR2v/R2 = Mgx 3/4v2 = gx ???①∴ v = 2√gx/3 ω= v/R = 2/R√gx/3①を時間 t で微分 3/42v dv/dt = g dx/dt 3/42v dv/dt = gv dv/dt = 2/3gtで積分する。 v = 2/3gt 初期条件より積分定数は0∴ 2/3gt = 2√gx/3 t = 3/g√gx/3 = √3x/gx=24R とすると、25Rではなく24Rだよね v = 2√24Rg/3 = 4√2Rg ω= 2/R√gx/3 = 2/R√24Rg/3 = 4√2g/R t = √3?24R/g = 6√2R/g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です