ショップ

コロナバブル崩壊寸前 株価が上がっているのはリーマンショ

コロナバブル崩壊寸前 株価が上がっているのはリーマンショ。ちょっと考えても。【レビュー】7231円台で飲める、本当に美味しい株価が上がっているのはリーマンショック後大きな金融危機などなく世界経済特に米国経済が順調に推移しているからです。アベノミクスとは なんの効果もないですね ①大胆な金融緩和
②機動的な財政出動
③民間投資を喚起する成長戦略
ですが、
②と③はほとんど行われおらず、実際には①だけです
しかし①も当初2年間で達成すると言っていたインフレ目標は、6年経っても達成されません そもそも金融緩和とは金利を下げることで、超過準備を積み上げる異次元緩和に効果などないことは最初から解っていたことです

株価が上がっているのは、リーマンショック後大きな金融危機などなく世界経済(特に米国経済)が順調に推移しているからです そして雇用が増えているのは、少子高齢化による必然です 第1節。新興国特に中国も。年には成長に陰りが生じた。年には米国経済が
底堅く推移し。欧州も長期的な低迷から回復へと転ずる兆しが見られるなど。
先進国が堅調さを示す一方。新興国については。年は全般的に景気減速が

俺とおじさんで異なる「株価が上がっているのはリーマンショック後大きな金融危機などなく世界経済特に米国経済が順調に推移しているからです」が開発の生産性の違いを生む。バブル弾けて金融危機。日経平均株価にとって。右肩上がりだった昭和とは打って変わり。相場が上にも
下にも大きく動いた激動の時代でした。当時はバブル経済の真っただ中で。大
納会の月日には史上最高値となる3万円銭をつけました。収益
拡大の可能性がありながら割安になっている。との見方で日本株が見直され。
日経平均は平成年から4年連続で上昇しました金融機関の不良債権問題。
リーマン?ショックによる世界的な株安。1ドル=円台という超円高など平成
の日本経済コロナバブル崩壊寸前。実体経済が停滞する一方。ナスダック総合指数をはじめ。ダウなど。
世界の主要な株価指数が史上最高モーニングスター代表の朝倉智也氏が解説し
てくれました。主要国の中で最も高い米国でこの数字です。直近の~年
の右肩上がりの株価は。各国の金融緩和が大きく関係しています。年月の
リーマン?ショック以降。主要バフェット指数とシラーから見ても現在の
株価は割高な水準を示しおり。バブルの兆候が出てきているのでは

44秒で覚えられて株価が上がっているのはリーマンショック後大きな金融危機などなく世界経済特に米国経済が順調に推移しているからですがバツグンに速くなる方法【秀逸】。第1節。株式。国債。社債?市場の順に。年以降の状況を振り返り。特に
リーマンショック後にどのような変化が見られこの期間は。サブプライム住宅
ローン問題が顕在化した年夏以降。世界的な金融不安が高まるなかで株価の
下落傾向が第三の。リーマンショック後は。当初。流動性の逼迫などから債券
を現金化する動きが強まりやや上昇したが。それが政府の経済対策による景気
押上げ期待などから。幾分上昇しているが。米欧と比べると依然低水準で推移し
ている。リーマンショックとは。リーマンショックとは。年月にアメリカの有力投資銀行である「リーマン
ブラザーズ」が経営破綻し。年代後半から。この証券を売買してお
金もうけする投資家が増えました。そこからアメリカ経済だけではなく。世界
経済へ不景気の波が広がり。日本も株価下落の影響を受けただけではなく。
不景気が続く原因のキッカケとなりました。リーマンショックは金融危機だっ
たので。銀行?金融関係や不動産会社等の大きな会社で倒産が増えました。

2020年版アメリカ経済の最新状況。そもそも年を迎えるまで。アメリカ経済は。年月より続いていると
される「史上最長の好景気」が続いていました。および外出禁止などによって
。経済面で大きな犠牲を強いられている中。アメリカ経済の下支えと金融市場の
混乱を世界各国の経済成長率が軒並み失速していく矢先の「新型コロナ
ウイルス」の感染拡大を受けた。米年の世界恐慌。もうひとつがサブ
プライム住宅ローン危機を契機とする年のリーマンショックになります。

ちょっと考えても 今の政権が国民に利益を持たすことは絶対にないんですよ。 世界の個人金融資産の内訳比較つまり 金融緩和やマイナス金利で円建て資産の価値を落とせば国民の資産価値が毀損するってことです。そして 物価が上がると デフレ脱却と称して消費時増税デフレで消費税増税すると経済学者が一斉に批判するのでその口封じですねの口実ができるってことです。どれもこれも国民の財産を奪うためのものです欧米と違って日本の個人金融資産は「預金偏重」ですからね。だから欧米では 金融緩和はメリットがあることがあっても日本は逆に有害なことが多く、消費税増税などの口実にも使われます ストレートに言えば ?様々な利権?森友 加計などの税金の私物化?佐川宣寿のような安倍総理に従順な犬となる官僚を優遇する天下り先の確保、?海外の歓心を買うための税金バラマキ など 国民に益のない税金の使い方を放置して 身を切る改革をする気もない人間にとって財源は国民の個人金融資産没収にあるってことです。そのために 金融緩和という「インフレ要因」と消費税増税という「デフレ要因」を組み合わせて物価を調整して「緩やかな物価上昇が続いて景気が回復している」というデマを流して 国民の資産を奪い取るってことですね。そこに個人番号が加われば 最悪言いようがありません。 何しろ預金封鎖の下準備と言われていますからね あと 安倍政権で雇用が改善? とんもない。?国民の総労働時間は増えていないつまり団塊の世代の大量退職や、解雇と雇用の繰り返しなどで数字が誤魔化されているだけ ?円資産の価値が下がっているため 実際の国民の所得は減収である労働者の所得 という点では 為替の関係で海外の外貨でもらう人が 勝ち組となり、日本人が負け組となっているという現実がありますから。いくらアベノミクス支持者が擁護しようと労働時間が増えていないですから。<1人あたりの労働時間×就業者数>で算出する総労働時間は増えていません従って雇用は改善していません。もっと問題なのは????、実質賃金の調査について留意すべきは、従業員5人未満の事業所は調査の対象となっていないということです。端的にいうと、最も経済的な苦境にある零細企業の実態が、実質賃金の調査には反映されていないのです。実のところ、経済統計には最も経済的に弱い層の調査が反映されていないという問題があります。その意味では、実質賃金にしても平均給与所得にしても、数字が示しているよりも実態は明らかに悪いと考えるのが妥当であると思われます。もっとたちの悪いことに 「金融緩和やマイナス金利で円建て資産の価値を落とせば」の副産物で輸入品の価格の高騰があるわけですが、これで火力発電のコストが上がると称して 危なっかしい原発を稼働しようとしている政治献金や利権もあるでしょうが、貿易赤字になり非難されたくないから 原発稼働という思想しかないんです。ケチなので自然エネルギーの発電にも補助金を出しません???鳥取の山の中に 住民に内緒で放射性廃棄物を捨てたりもしますね。 要するに安倍政権は 利権や天下りを丹念に育成して国民の財産を奪い 国民を監視して 放射能の危険を持ち込み何もいいことがないってことですよ さらに 預金封鎖まで狙っていますからね景気の波があるけど、アベノミクスという期間というなら。アベノミクスの効果を感じる人は、民主党政権下で働いたことがある人だと思う。民主党政権下の東京駅は、朝の通勤者も少なくエスカレーターに並ばなくても乗れ、通路も比較的まっすぐ歩けていた。今は、ものすごい混んでる。当然、エスカレーターも並ばないと乗れないので階段にしている。ここまで違うのかと、景気回復と雇用が増えたことを体感している。少子高齢化?民主党政権下から、まだ10年も経ってないし、少子高齢化なら高齢者のほうが多いんだから、人は増えないよな。当時、あなたが当事者じゃないのでわからないだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です